安心してキャッシングしたい方へ

知らなきゃ損??カードローンコラム

2019年3月21日(木) 23時00分コツと豆知識 カードローンを効率よく返す方法・今すぐできること

コツと豆知識 カードローンを効率よく返す方法・今すぐできること

カードローンで借りすぎてしまった方、多重債務者になってしまった方、少しでも早く返したいですよね。この記事では効率よく借金を返していくためのアイデアなどをまとめています。とくに難しいことはありませんので、読んで今すぐ行動しましょう。

まずは元本や利息のカット

本気で返済するなら、借金の元本や利息を減らしてしまいましょう。 元本や利息を減らすのには3種類の方法があります。

 
  1. 1債務整理

    弁護士を通して、借金の減額や利息のカットをする手続きです。最も手軽な任意整理でも利息を全額カットできるなど、借金減額効果がすさまじいです。唯一のデメリットは、債務整理から5〜10年間金融ブラックになってしまう点。その間は新たな借入ができなくなったり、新たなクレジットカードが作れなかったり、住宅ローンなどのローンを組めなくなったりします。ブラック化だけ許せればあとはメリットばかりです、最高効率を求めるなら必ず行いましょう。

  2. 2おまとめローン

    多重債務者で、かつ債務整理でブラック化したくない人は、銀行やローン会社が提供している「おまとめローン」を利用して借金をひとつにまとめます。おまとめローンは「借金を返していくためのローン」なので、新たに借入することはできません。ひたすら返済計画に沿って返済します。
    おまとめローンは債務整理と違い利息がかかります。場合によってはまとめる前よりも利息が増えてしまう可能性もあるので、しっかり計算してから申し込みましょう。
    おまとめローンとならんで紹介されることが多い「借りかえローン」もほぼ同じ意味です。おまとめローンよりも借り換えローンの方が金利が高い傾向にあるため、できればおまとめローンを利用しましょう。
    「おまとめローン」対応のキャッシング会社はこちら。

  3. 3親や家族に立て替えてもらう

    親や家族に頼んで、借金をすべて立て替えてもらう方法です。「全額を一括返済(立て替え)、利息なしで返済する」約束ができればベストです。
    あまり良い言い方ではないですが、利息がなくなるということは任意整理したことと同義であり、さらにブラック化もしないため、家族の理解が得られるなら最良の方法と言えるでしょう。

返済の基本的な考え方

それ以上使わない

せっかく返しても、その枠でまた借りてしまっては意味がありません。これ以上借りることがないよう対策を講じます。

  • ・クレジットカードにハサミを入れ、解約する
  • 「貸付自粛制度」を利用して新規の借入ができないように
  • ・親や家族、恋人に借金を打ち明ける
  • ・親や家族、恋人にお金を管理してもらう
  • ・精神科や心療内科でカウンセリングを受ける

とくにギャンブル依存症や買い物依存症など、メンタル系の病気は自分で制御できないため厄介です。「依存・心・精神」といった言葉に少しでも心当たりがある人は一度受診してみることをオススメします。
心系の病院にかかるのには勇気がいると思いますが、病名診断してもらうと不思議と安心できるものですよ。

「繰り上げ返済」と「利息のみ返済」

借金を効率よく返したいなら、「繰り上げ返済」と「利息のみ返済」を覚えておきましょう。繰り上げ返済は、月々の約定返済額より多めに返すこと、利息のみ返済は、月々の約定返済額より少なめに返すことです。
繰り上げ返済した分には利息がかからないため、元本を直接減らせます。毎月の約定返済はしっかり守りつつ、たくさん繰り上げ返済をしていくことが大切です。
利息のみ返済は、「利息だけ払えば、約定返済額に満たなくても返済日が来月にまわる」ことを利用した返済方法です。簡単に言うと先延ばし。利息しか返済していないため、元本は1円も減りません。
利息のみ返済は「返済に回せるお金が足りなかった時の延命措置」として使うのが一般的ですが、多重債務者の場合は繰り上げ返済と利息のみ返済を組み合わせることで効率の良い返済が可能になります。

金利が高い会社を優先

多重債務の場合、「1社ずつ集中して返していく」のが基本方針です。つまり、「集中すべきところ以外の支払いを抑えて、集中すべきところに多く振り分ける」のです。
最初に返すべきは、もっとも金利が高い会社。1円でも10円でもいいのでそこに多く払います。利息のみ返済で浮いた分を集中させましょう。

※利息のみ返済をした方がいいかどうかは、借入先や借入額によって変わります。
「返済シミュレーター」で計算したり、
「日本クレジットカウンセリング協会」に相談してみたりするのがオススメです。

返済順は自分に合わせて変更する

金額的に一番効率がいいのは金利の高い会社から返済していく方法ですが、金額を一番に考えないのであれば返済順を変更してもかまいません。
たとえば現在3社から借りていたとして、それが2社になったら心的負担はかなり軽減されるでしょう。心的負担を一番に考えるのであれば、残高の少ない会社から返していくのもひとつの方法です。

固定費を減らす

単純な話で、支出を減らせばそのぶんを返済に回せます。支出を減らしたいなら、変動費よりもまずは固定費を見直しましょう。固定費は「もっとも減らしやすい支出」と言われるくらい節約が簡単です。

実家に帰る、引っ越す

固定費の大部分をしめるのが家に関する支出です。職場的な都合がなければ、実家に帰ったり今より安いところに引っ越したりすることで大幅に節約できるでしょう。
家のレベルを落とすのは最初は嫌かもしれませんが、毎日住むところなので意外とすぐ慣れます。そこに住んでいる人がいるわけですし、2,3万安くなると思えば耐えられるはず。最近流行りのミニマリストになったつもりで楽しんでみましょう。
また「シェアハウス」も狙いめです。最近はおしゃれなのに安いシェアハウスがどんどん増えています、1週間程度の体験入居ができるところも多いようですよ。

携帯を格安simに

大手3キャリアの携帯を使っている人は、格安simに変えるだけで月3,000円〜8,000円ほど節約できます。
3キャリアだと本体代以外に月5,000円以上払っている人もいますが、格安simなら月1,000円とか2,000円で済むので、違約金を考慮しても乗り換えたほうがいい計算です。
機械系は難しそう、通信速度が遅そう、などと渋る人が多い格安simですが、非常にもったいないのでこの機に乗り換えてみましょう。通信速度に関して、詳しくは説明しませんが大手3キャリアとまったく変わりません。

必要のないサブスクリプション契約を解約する

サブスクリプション契約、つまり「定期購読」です。
けっこう放置したまま忘れているものもあると思いますので、この機に洗い出して、「あれば便利だけど、なくても死なない」サービスはすべて解約しましょう。

  • ・LINE MUSIC、Spotify などの音楽サービス
  • ・Netflix 、ニコニコ動画 などの動画サービス
  • ・Amazonプライム会員
  • ・スマホゲームの月額課金
  • ・アーティストのファンクラブ会費
  • ・新聞 など

まとめ

今回のポイントです。

  • ◯債務整理やおまとめローンで借金自体を減らす
  • ◯これ以上使わないよう対策を打っておく
  • ◯多重債務なら、1社に集中して返済する、返済順は自分で決めていい
  • ◯繰り上げ返済と利息のみ返済をうまく使う ※要シミュレーション
  • ◯固定費をとことん減らす

生活レベルを下げすぎるとストレスがたまるので、変動費の節約はほどほどで大丈夫だと思っています。もちろん、飲み会を減らしたり、自炊をしたりと努力はするべきですが。

まずは債務整理やおまとめローンを検討することから始めましょう。
任意整理なら、「日本クレジットカウンセリング協会」が無料でやってくれるのでオススメです。

おすすめの安心ローン会社

  • アコム

    初めてなら最大30日間金利0(ゼロ)円サービス!

    実質年率審査時間融資所用時間
    3.0%~18.0%最短30分最短1時間
    • 詳細を見る
    • 公式サイトで入会する
    • ※1 安定した収入があればパート・バイトOK
  • プロミス

    借入可能か3項目3秒診断♪来店不要で即日融資も可能★

    実質年率審査時間融資所用時間
    4.5%~17.8%最短30分 最短即日融資※2
    • 詳細を見る
    • 公式サイトで入会する
    • ※ 1無利息サービスの利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • ※2 お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
    • ※3 20歳以上69歳以下で安定収入がある方に限る