安心してキャッシングしたい方へ

知らなきゃ損??カードローンコラム

2019年3月3日(日) 07時30分カードローンとは?キャッシング、クレジットカード、リボとの違いをわかりやすく"

カードローンとは?キャッシング、クレジットカード、リボとの違いをわかりやすく

カードローンとキャッシングの違い、分かりますか?クレジットカードとの違いは?リボとの違いは?なんとなくは知ってても、きちんと理解できている人は少ないはず。キャッシングやクレジットカードとの違いが分かれば、お金を借りたい時に自分に最適な方法を選ぶことができますよ。
ここではカードローンとは何か、他の借り方との違いは何か、を誰でも分かるよう説明していきたいと思います。

まずは簡単に違いを知ろう

あとで詳しく違いを解説していきますが、まずはざっくりと紹介します。

カードローン 借りる専用のカードでお金を借りること

「カードローン」は、お金を借りる機能しかないカードを使ってお金を借りることです。ATMからお金を引き出す方法が一般的ですね。分かりやすい例でいえば、アコムやプロミスといった消費者金融がこれにあたります。

キャッシング クレジットカードの「キャッシング枠」でお金を借りること

対して、「キャッシング」とはクレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りることを言います。クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」、2つの枠があります。普段みなさんがカードで買い物をする時はショッピング枠からお金を借りて買い物しているのです。ただしショッピング枠からは現金をおろすことができません。現金をおろしたい場合はキャッシング枠からお金を借りることができるというわけです。クレジットカードにおまけとしてカードローンの機能がついているもの、といった認識で良いでしょう。

リボ クレジットカードの「ショッピング枠」でリボ払いを使うこと

借金の入り口として悪名高い「リボ払い」。リボ払いはショッピング枠利用になります。通常、ショッピング枠の返済は一括払いか分割払いですよね。ではリボ払いとは何でしょうか。リボ払いとは「月々の返済額を自分で決められる返済方法」です。分割払いは「何ヶ月で返すか」を自分で決め、返済期間によって月々の返済額が変わってくるものですが、それの逆バージョンですね。リボ払い(というかショッピング枠の利用)もお金を借りていることに変わりはないのですが、「借金」と呼ばれることは少ないようです。

カードローンとキャッシングはここが似ている、ここが違う!

「借金」とはイメージが異なる「リボ」を除いて、ここからはカードローンとキャッシングについて詳しく見ていきたいと思います。
正直かなり似ている両者ですが、金利や返済方法などに微妙な違いが。
似ている点と異なる点をそれぞれ紹介していきます。

ここが似ている!
  1. 似ている1 どちらも審査が必要

    キャッシングなら審査がない、と思っている人もいるようですが、実はキャッシングも審査が必要です。ショッピング枠とキャッシング枠では勝手が違いますので(キャッシングのほうがより「借金」といった感じ)、貸す側としてはショッピング枠の審査よりも慎重にならないといけないのです。クレジットカード作成時にキャッシング枠を利用するかどうか選択できますが、「利用する」を選択しても審査に落ちればショッピング枠しか使わせてもらえないことがあります。

  2. 似ている2 借入方法はどちらも(ほぼ)同じ

    昔は、カードローンもキャッシングも専用のATMからお金を引き出すのが普通でした。しかし最近はどちらもいろいろな借入方法が使えるようになっています。代表的なのは指定口座への振込入金。こちらが指定した銀行口座にお金を振り込んでくれる方法です。ATMでお金を下ろすところを知人に見られたくない人が増えたのでこのような形になったのでしょう。キャッシングの場合は、ショッピング枠が足りなくなった時に自動でキャッシング枠からお金を借りる、といったことも可能です。

  3. 似ている3 どちらも総量規制の対象になる

    「総量規制」を知っていますか?
    貸金業法(かしきんぎょうほう)で定められている、お金を貸す側のルールのうちのひとつです。簡単に説明すると、「その人の年収の3分の1までしか貸してはいけませんよ」というルールですね。複数社から借り入れている場合はその合計が3分の1を超えるのがNGということ。キャッシングとカードローンはどちらもこの総量規制の対象としてカウントされます。(厳密には銀行系は貸金業法ではなく銀行法に基づいて運営されているので総量規制のルールはありませんが、未回収のリスクを防ぐため自主規制している銀行が多いです)ちなみに、カードローンのショッピング枠は総量規制対象にカウントされません。その他にも「総量規制の例外」はありますので調べてみてください。

ここが違う!
  1. 違い1 カードローンのほうが金利が安い

    キャッシングは、クレジットカードにオマケでついているカードローン機能、みたいなものです。お金を借りる、という目的に関していえば、カードローンが本家なのです(イメージですよ)。そのためカードローンの方が金利が安いことが多いですね。クレジットカードを発行している銀行の中にも、クレジットカードとは別にカードローン商品を用意しているところが増えてきました。

  2. 違い2 カードローンのほうが借入限度額が高い

    ①と同じ理由です。
    クレジットカードはあくまでショッピング枠がメイン機能。キャッシングはおまけなので、初回は〜30万くらいまでが限度とされることが多いようです。対してカードローンは大口融資が基本で、返済能力が低いフリーターや主婦でも30万、収入によっては数十万〜数百万借入することも可能です。

  3. 違い3 キャッシングは一括返済が選べる

    ずぶずぶと借金地獄にハマるのが嫌だという人にはキャッシングの方が向いているでしょう。キャッシングはその月に使った分を翌月に一括で返済する一括払いが選べることがあります。ショッピングの一括払いと同じですね。買い物ではなく現金なだけです。カードローンの場合は分割で返済するのが一般的で、精神が弱い人だと返しきる前にまた借りて、また返しきる前に借りて……と悪循環におちいってしまいます。自分で自分を抑えることができなさそうな人は一括払いを選べるキャッシングが良いでしょう。

カードローンとキャッシング、ショッピングはこう使い分けよう

リボは絶対に使わない

まず、リボは絶対に使わないこと!
リボはどれだけ使っても月々の返済額が変わらないため、いくら使ったのか把握しづらいです。さらに利息は「リボ対象すべて」にかかるため、分割払いにかかる利息よりも大きくなります。総量規制の対象外なので、自分の返済能力以上に使ってしまう可能性が高いのも怖いところです。
ショッピング枠を利用する時は必ず一括払いか分割払いにするように心がけてください。

今すぐ借りたい人はキャッシングがおすすめ

クレジットカード申込時にキャッシングを申し込んでいた場合に限りますが、一度承認されればすぐに借りることができるのでおすすめです。
ただ、カードローンでも即日で借りることはできます。

基本はカードローンで

クレジットカードのショッピング枠は別として、「お金を借りなきゃ!」となったらまずはカードローンを検討するのがいいでしょう。そもそもそういった場面では、キャッシングの小額の枠では足りないことが多いですよね。
金利もカードローンの方が安いことが多いので、キャッシング枠で借りるよりもオススメです。

まとめ

最後にポイントをまとめます。

  • ◯キャッシングは「クレジットカードにオマケでついているカードローン」のイメージ
  • ◯カードローンは「キャッシングの本家・上位互換」のイメージ
  • ◯リボ払いは良いことがないのでおすすめしない

金利の面から考えると、一番いいのはカードローンでしょう。
カードローンを選ぶ時のポイントについて詳しく解説した記事もありますので、ぜひ読んでみてくださいね。