安心してキャッシングしたい方へ

知らなきゃ損??カードローンコラム

2019年4月4日(木) 23時43分自分の軸を決めよう。あなたにとっての「安心カードローン」の選び方

この記事では、安心してカードローンを選ぶために大切なことについてお伝えします。 大きな流れとして、以下の3ステップで進んでいきます。

③では具体的におすすめのカードローンを紹介していきます。
まとめには「見るだけで自分にぴったりのローンが分かる画像」も用意していますので、
手っ取り早くオススメが知りたい人は目次からまとめまで飛んでみてください。

「安心カードローン」ってよく見るけど、なに?

よく見る謳い文句に「安心・安全のカードローン」という言葉があります。
「安全」については分かりますね。ヤミ金などの危険な業者ではないということです。

しかし、「安心」なカードローンとはなんでしょうか?
金利が低い?バレにくい?誰でも借りられる?……色々考えられますよね。
「安心」という言葉に抱くイメージは個々人で異なるのです。

カードローン選びの鉄則
「自分が何を重視したいのか明確にする」

カードローンに求めるもの、重視したいポイントは人それぞれ。

  1. 学生・主婦・フリーターでも借りられるような、審査がゆるいところがいい
  2. 借金するのが恥ずかしいからバレにくいところがいい
  3. 借金地獄にはなりたくないから、返しやすい仕組みのところがいい

カードローンはどこも一長一短であり、すべてが完璧なカードローンはなかなかありません。自分はなにを重視して選ぶのかを明確にしておくとカードローン選びが簡単になりますよ。

自分が何を重視するのか。軸を決めてみよう

ここからは、あなたがカードローンを選ぶ時に何を重視するのか考えてみましょう。
「借りやすい」「返しやすい」「バレにくい」3つの観点からポイントを挙げていきますので、
自分が重視したいものを探してみてください。

「借りやすい」を重視して選ぶなら

まずは「借りやすい」カードローンを選ぶために必要なことを紹介。
とくに学生さんや、急ぎでお金が必要な人はここを重視する必要があります。

フリーターや主婦、学生でも借りられる

「そもそも、自分に申込資格があるのか?」
ローン会社によっては、フリーターや主婦、学生は安定収入がないとみなされ、申込すらできない可能性があります。貸してはいけないという法律があるわけではないのですが……貸す側のポリシーもさまざまですからね。
とくに学生は申込できないところが多いので、申込資格をしっかり確認するようにしましょう。
(記事後半では学生でも申し込めるローン会社を紹介しています)

審査がゆるい

「申込後の審査は厳しいのか?受かりやすいのか?」
審査の基準は各社それぞれ。
職業や信用情報、他社からの借入などを総合的に判断して借入可否が決定されます。
ただ、基本的には「金利が安いところほど審査が厳しい」と思っていていいでしょう。
あわせて、消費者金融よりも銀行系カードローンのほうが審査が厳しいです。

即日借りられる

「急ぎの時に、その日のうちに借りられるか?」
銀行系カードローンでは即日融資は難しいです。
消費者金融なら最短30分程度で貸してもらえるところが多いですね。
即日を希望するなら消費者金融一択になりそうです。

「返しやすい」を重視して選ぶなら

少しでも早く返済出来る方がいいですよね。
借金生活はいやだ!なるべく早く抜け出したい!という人はここを重視しましょう。

金利が安い

金利はおもに銀行系ローンが安く、消費者金融が高いです。
ただ、最近では消費者金融でも銀行系ローンくらいの金利で借りられるところが出てきていますね。
たった数%の違いですが、その数%を舐めているとあとで痛い目を見ます。
借入額が大きいと金利が強く影響してくるので、借入希望額が大きい人は慎重に選んでください。
逆に、1ヶ月2ヶ月で確実に返せる程度の小額の借入ならそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

返済期間が長い

「借りた額を何年計画で返済しなければならないのか?」
返済期間が長い=月々の支払が少なくて済むということです。
カードローンを利用する状況ですと、家計が厳しい可能性が高いので月々返済額が少ないと助かりますよね。
返済期間はローン会社ごとに異なりますが、基本は3年計画になります。
では1,2年のローンがよくないのかというとそうではなく、「(半ば強制的に)借金を早く返すことができる」という捉え方もできますね。自分の家計状況にあわせて選択してみてください。

「バレにくい」を重視して選ぶなら

借金が家族や知人にバレたことで人間関係が変わってしまった……なんていうのはよく聞く話。
「バレにくい」を重視したい人はここを重視して選ぶといいでしょう。

ネットで借りられる

「ネット完結の申込を行っているか?」
ネットで申込するだけなら多くのローン会社が行っていますが、申し込み後の書類は家に届くのか?届くなら会社名を伏せて送ってくれるのか?などを調べておきましょう。
それらの情報はネットに書いていないことが多いので、電話等で聞いてみるのが良さそうです。

在籍確認に融通がきく

「在籍確認で周りにバレないよう配慮してくれるか?」
申込時、職場に届く在籍確認。
その職場に勤めているのは本当か(収入があるのは本当か)を調べるために行うものです。
在籍確認の電話は個人名で行われるので、社会人ならバレることはないです。
個人あてに連絡がくるのはそうめずらしい話ではありませんからね。
注意しないといけないのは、バイトやパートの場合です。
名指しで電話がかかってくることは少ないですよね。バイト仲間が勘の良い人だと気づかれるかもしれません。
バレる確率を最小限にとどめるため、審査担当者に電話のかけ方について相談してみるといいでしょう。たとえば、友だちのフリをして、自身の常連のお客さんのフリをして、などです。
消費者金融はわりあい融通を効かせてくれやすいです(筆者はアコムで融通を効かせてもらった経験があります)。
銀行系はちょっとおカタいかもしれませんね。

重視ポイントを軸にしてカードローンを選んでみよう

重視したいポイントは見つかりましたか?ここからは筆者オススメのカードローンの紹介します。
数あるカードローンの中でも高水準なものを厳選したので、ここからひとつ選べば間違いないでしょう。
先ほど見つけた「重視ポイント」を軸にしながら、自分にぴったりなものを選んでみてください。

アコム

借りやすさ 返しやすさ バレにくさ
銀行系に落ちる人でも通りやすい
バイト・主婦・学生可
年利3.0%〜18.0%
初回30日間は利息0円
ネット申込あり
プロミスに近い使用感

よく比べられるだけあって、アコムとプロミスはかなり似ています。
ただ、金利だったりプロミスの「目的ローン」にあたるローンがなかったりと、プロミスよりも少しだけ優先度が下がるかなといった印象です。

プロミスのサブに使えば、金利0円キャンペーンが2ヶ月に!

アコムとプロミスでは、「初回30日間金利0円キャンペーン」を実施しています。
ただ、金利0円キャンペーンは初回利用の人に限ります。一度でも借りてしまうとその後は普通に利息を払わなくてはいけません。
ということで、裏ワザ的ですが「まずはプロミスを利用し、その後また借入したくなったらアコムで利用する」というのがオススメです。

アコムは在籍確認で柔軟に対応してくれました

筆者の体験談なのですが、アコムへの申し込みの際、柔軟に対応してもらいました。
無人契約機で契約したのですが、当時アルバイトだった僕は以下のようにお願いしたんです。
「飲食店のバイトなので、名指しで電話がかかってきたら怪しまれてしまいます」
「友だちのフリをして、『◯◯くん今日シフト入ってますか?いるなら食べに行きたいんですけど』みたいな感じで電話してくれませんか?」
わがままなお願いでしたが担当の人は渋ることもなく了承してくれ、おかげでバイト仲間たちにバレることはありませんでした。
こういったお願いを了承してくれるかどうかは担当者によるのかもしれませんが、少なくとも僕はアコムでは了承してもらえた、ということでお伝えしておきます。

プロミス

借りやすさ 返しやすさ バレにくさ
銀行系に落ちる人でも通りやすい
バイト・主婦・学生可
年利4.5%〜17.8%
初回30日間は利息0円
ネット申込あり
アコムと比較されることが多いプロミス。

プロミスは、大手消費者金融ということでアコムと比較されることが多いですね。
どちらも審査がゆるく、学生でも借入できることから万人向けのカードローンと言えるでしょう。
ちなみに両社とも「初回利用なら30日間金利0円」キャンペーンをしています。

アコムよりプロミスのほうが優秀か

金利面を見てみると、アコムよりもプロミスの方が優秀だと言えます。
プロミスの金利は年利4.5%〜17.8%。
アコムの金利が3.0%〜18.0%なので、プロミスの方が少しだけ安いですね。

「目的ローン」を利用すれば銀行系ローンにも引けをとらない

さらに、プロミスでぜひ利用して欲しいのが「目的ローン」です。
使い道が生計費に限られ、15回までに返済しなければいけませんが、その代わりに年利6.3%〜16.5%で借入を受けることができるローンです。
16.5%だと、銀行系カードローンの金利にかなり近づきますね。
フリーローンよりも少し審査が厳しくなりますが、申し込んでみる価値は大いにあるでしょう。

オリックス銀行

借りやすさ 返しやすさ バレにくさ
バイト・主婦・学生可 年利1.7%〜17.8%
月7,000円以上返済
ネット申込あり
借金地獄にハマりたくない人におすすめのカードローン

オリックス銀行カードローンの一番の特徴は、「月々の最低返済額が7,000円以上(30万円以内の借入の場合)」ということです。
月々の返済額が高いのは一見デメリットですが、借金を早く返せると考えればメリットになりますよね。
月々返済額が安いとダラダラ返済をする人が多いので、以外と見逃せないポイントです。
借金地獄になりたくないという人にはオススメですね。

銀行系の中では金利は高めか

オリックス銀行の年利は1.7%〜17.8%。銀行系の中ではすこし高めですね。
「金利が高いから早く繰り上げ返済しよう」という気持ちが自然とわくはずですので、先に挙げた「月々7,000円以上返済」と合わせて、借金にハマりたくない人はオリックス銀行カードローンを利用することで上手に自制できそうです。

学生は申し込み不可なので注意

オリックス銀行カードローンは、学生の申し込みを認めていません。
「しっかり早く返せる人にだけ貸す」というポリシーなのかもしれませんね。
そう考えると、ある意味いちばんユーザーのことを考えているカードローンではないでしょうか。

自分が何を重視するのか。軸を決めてみよう

最後に、「見るだけで自分にピッタリなカードローンが分かる画像」と表を置いておきます。目次から飛んできた人も、画像とまとめ表を見ながら選んでみてください。簡単ですよ。

プロミスの
目的ローン
学生可 6.3%〜16.5% 総合力No.1。銀行系よりも審査に通りやすく、消費者金融の相場より金利が安い
プロミスの
フリーローン
学生可 4.5%〜17.8% 総合力No.1。銀行系よりも審査に通りやすく、消費者金融の相場より金利が安い
アコム 学生可 3.0%〜18.0% プロミスの金利0円を使いきったあとのサブとしてどうぞ
オリックス銀行 学生不可 1.7%〜17.8% とにかく早く借金を返したい人に